WordPress 2.9@さくらインターネット

自動でのアップデートではMySQLのバージョンアップも必要な様です。
ホスティグサービスを利用しているサイトではハードルの高いバージョンアップなのかもしれません。

The update cannot be installed because WordPress 2.9 requires MySQL version 4.1.2 or higher.

私の環境では無事にWordPress 2.9へのバージョンアップできましたので、実施した手順を念のためにメモしておきます。

この手順はあくまでも私の環境でうまく行きましたが、他の環境でうまく行く保証は何もありません。

行った作業の流れ
1.WordPressでのエクスポート(念のため)
2.MySQLでのエクスポート
3.さくらインターネットでのDB削除
4.さくらインターネットでのDB作成
5.データベースへのデータインポート
6.WordPressでの設定変更
7.WordPressでのバージョンアップ

実際には…
1.WordPressでのエクスポート
サイトの管理/ツールよりWordPressのデータをエクスポート

2.さくらインターネットのPHP MyAdminからデータベースのエクスポートを実施
詳細はMySQLを4から5へを参考

3.さくらインターネットでのDB削除
* データベースと管理ツール *から4.Xのデータベースを削除

4.さくらインターネットでのDB作成
* データベースと管理ツール *から5.Xのデータベースを作成

5.データベースへのデータインポート

データベースと管理ツールのページよりデータベースサーバー
データベースユーザ名を確認の上、データベースの設定を行なった時のパスワードを利用します。

データベース情報を元にエクスポートしたファイルをサーバー上で戻します。

PHP MyAdminのインポートが問題なく実行できた場合は良いのですが、私はエクスポートしたファイルにCreate Database文があり、エラーになりましたのでエクポートされたファイルのCreate Database文を文の始めに–を入れてコメントにした後に、WordPressを動かしているサーバーにてmysqlコマンドで流し込みました。

ファイルの差分

%diff new-mysql??.db.sakura.ne.jp.sql mysql??.db.sakura.ne.jp.sql
20c20
< -- CREATE DATABASE `データベース名`; --- > CREATE DATABASE `データベース名`;

実行したコマンド

mysql –host=データベースサーバ -u データベースユーザ名 –password=パスワード < dump.sql

6.WordPressでの設定変更
MySQLのバージョンアップに伴い、WordPressから接続するサーバーが変更になっていますので、wp-config.phpの接続サーバー名を変更

define(‘DB_HOST’, ‘mysql???.db.sakura.ne.jp’);

7.WordPressでのバージョンアップ
無事終了

News


Blog

まだコメントはありません。